前へ

自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘 詳細画像1 BLACK × SAX
自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘 詳細画像2 NAVY × WHITE
自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘 詳細画像3 BLACK × ORANGE

次へ

自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘

ラムダ傘公式ならではの特典

傘 無料修理券

骨折れ修理券を同梱

東京日本橋の工房にて、熟練職人が丁寧にお直しします。 保証期間は1年間、1回限りとなります。(8,000円以上の傘)

ワンタッチで開け閉め可能な自動開閉タイプ

生地規律正しいステッチ柄が美しい逸品。富士山麓から湧き出る伏流水で染め上げる“甲州織”。キレイな発色と適度なハリが特徴。UVカット率90%以上。手元自動開閉スイッチ内蔵。傘を自動的に開け閉めします。中棒/親骨アルミの中棒は3段式、親骨はグラスファイバーとスチールの合わせ。 仕様生地:ポリエステル100%,親骨:58cm(グラスファイバー変形型),中棒:アルミ,手元:ラバー,日本製
重さ 全長 直径
370 31 104


Array (2)
0 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "折りたたみ傘"
1 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "BLUE"
Array (2)
0 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "折りたたみ傘"
1 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "BLUE"
Array (2)
0 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "折りたたみ傘"
1 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "BROWN"
Array (2)
0 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "折りたたみ傘"
1 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "BROWN"
Array (2)
0 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "折りたたみ傘"
1 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "GREEN"
Array (2)
0 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "折りたたみ傘"
1 => Array (2)
  link_url => "https://ramuda-1946.com/?mode=grp&gid..."
  name => "GREEN"

自動開閉 ウィンドステッチ 折りたたみ傘

品番/ISNM-1704

¥10000¥11000 税込

  • 330ポイント(¥330)還元
 ONE
BLACK × SAX
NAVY × WHITE
BLACK × ORANGE

ご利用可能

商品レビュー

レビューを投稿
投稿で200ポイントを付与致します。
  • ※ご購入頂いた会員様が投稿可能です。
  • ※掲載には当店の承認が必要となります。

Ramuda = ラムダ について

1946年より、東京日本橋から
傘職人が1本1本、手作りする傘。

大量生産で失われてしまった
「ていねい」で「うつくしい」傘作りを
いまも心がけています。
詳しく見る

トップへ戻る